日本の林業へようこそ
 間伐の補助金については、大分県の役所の人たちと一緒に計算してみたが、大体1 立方メートルというのは50 年ぐらいの成木で言うと3~5 本分の丸太にあたる。1 ヘクタールあたりの補助金等を1 立方メートルあたりに換算して全部やるのは大変だったが、間伐補助金は大体500 円ぐらいになるのではないかという計算になり、従って1 立方メートルあたりで言うと補助金も含めて10,416円が収入になる。後半木を伐らずにがんばって、値崩れを抑えたがそれでもこの状態だった。
 次に、資料1の1~6番あるいは7番の中間までの育林経費は50年間でどのくらいかかるか? ここがすごく大変だったが、あえてやってみると7,500 円ぐらいではないかという事になった。これを関西の人に見せたところ「1 万円以下ということはない」と怒られたが、大分県の場合で計算してみると、7,500 円ぐらいではないかと思っている。
次に、ここからは実費での話だが、伐採と搬出のコストが4,750 円。運搬用トラックが2,400 円、市場の経費が781 円。その他というのは振込料等であり、大した金額ではない。従って経費を合計すると15,413 円。すなわち約5,000 円の赤字という事になる。つまり完全に採算を割っているという状況である。
前
木の値段と経費
カテゴリートップ
林業の現場から-当家林業経営の現状-
次
未来へつなぐ育林

Copyright © 2012 TAJIMA FOREST WEB All Rights Reserved.